Friday, 25 November 2011

Country Living Xmas Fair 2011出店レポート‐その2

●Build-up

他のショップを見ると、商品を完全に並べた状態でシーツなどでカバーしてから会場を後にするというパターンだった。でも誰でも自由に出入り出来、荷物の搬入も自由な状態で本当に大丈夫なのか?セキュリティがいるとはいえ、本当にこの人たちを信用できるのか?
ナイトシーツという鍵のかけられる厚手のシーツをレンタルしてるショップも見かけた。
実はこれを手配するべきかどうか考えたけど、確か値段が£18/mでどのくらいオーダーしたらいいのかわからず結局パスした。が、これは用意しておいた方が安心だったかもしれない。とはいってもほとんどの店舗はシーツを持参して、巨大な洗濯バサミで止めるという防犯対策だったが、実はこれだけで十分だと思った。


初日はディスプレイに必要なものだけを持って会場入りしたのだが、二日目は会場入りする前に折り畳みの椅子を購入。そして午後になって滞在している友人宅まで戻り、スーツケースに商品を詰められるだけ詰めて持ってきた。商品を並べてシーツなしで帰るのはまだちょっと心配だったので、とりあえずストリートマーケット店主の御用達、ファスナー付の巨大なビニールバッグに商品を詰め、一応気持ちばかりのバドロックで施錠して会場を後にした。

● 一日目

翌日は身軽に会場入り出来る。とはいっても家を出る時間を15分間違えてしまったため、ものすごい朝ラッシュに巻き込まれる。しかも電車が遅れた(ロンドン地下鉄お約束)。従って大汗をかいて開場30分前に到着。
げーっ!!店のディスプレイ全然やってないのに、あと30分で客が入ってくる!!!!
プチどころじゃなくてかなりのパニック状態に手が震えてきたぞ。
忙しく準備をしている最中、クレジットカードPDFの営業や、オーガナイザーの一人が話しかけて来たり、画鋲分けてちょうだいとか言って世間話を始める人もいる。「ちっ!うっせーな・・・」と心の中で叫びつつ、笑顔で対応(偉いぞ自分!)
そのうち開場しましたというアナウンスが。でもまだ1/3くらい残っているのだが、オーガナイザーは「この辺は開場ドアから遠いから、第一陣のお客さんたちがたどり着くまで10分くらいかかるわよ」とアドバイスしてくれた。お客さんがちらほら入ってくるあたりで大体体裁は整った感じだった。
緊張のあまり、一日中お腹も空かなかった。でも有難いことに、ロンドン在住のお友達が1時間くらい変わってくれたので、すごく助かった。11時過ぎたころから2 時くらいまで、異様に混むのでこの時間帯は何が何でも自分が店に立ってお客さんとお話ししながら売り込む必要があると思った。


売上の事を言うと、この日は思ったよりも売れた方だった。というかどれだけの数字が出るべきなのかさっぱり見当が付いてなかったけど、少なくとも以前Colchesterのクラフトフェアでやった時に比べると、この日だけで3倍の数字が出た。比較対象が悪すぎるが・・・。
朝10時開場で、午後6時閉場、そして一日目だけGalaEveningという夕方の部があり、それは6時から9時まで。来客者全員にワインが配られる。会社帰りにふらっと立ち寄ってワインを飲みながら、のんびりとお買いものという感じ。だからカップル率も上がった。しかしながら、GalaEveningは完全に時間の無駄だった。まったく売れなかったわけではないが、「プレゼントを買いに来た」層が目に見えて減り、あとは衝動買いに頼るしかないからだ。


●客層について

5日間体験して気が付いたことだけど、一日目のお客さん、特に開場と同時くらいに入ってきた人は本気度がまるで違う。何が何でも今日中に全部プレゼントを用意するという気合というか殺気さえも感じるのだ。だから悠長にぐるっと一回りしてからまた戻ってきて買うなんていうタイプじゃなくて、とにかく気に入ったらその場で即決すると感じだった。この恐ろしいほどの気合は、他の日にはまったく感じられなかった。つまり彼女らはバーゲン狙いではないので、いかに持ってきた商品を効果的に見せるかにかかってくる。なので、ディスプレイが完全でなかった自分は完全に失敗だと反省した。


ちなみに平日ということもあり、女子率の高さは半端ではなかったことは言うまでもなし。
それから5日間それぞれ曜日によって客層が微妙に変わるのは当たり前のこととして、一貫して客質が良いということ。さすがに入場料16ポンド払って来るだけある。どんなに混雑していても、商品が盗まれることはまったくなかった。手に取って眺めて、律儀に元の場所に戻してくれる。これがストリートマーケットだったら、常に怪しい人間が商品を手に取らないか見張ってなければならない。
こんなに客質が良いのならば、あんなに高額なpublic liability保険に入る必要なんかない。これは単純にオーガナイザーと保険会社の陰謀だということで、何か釈然としない思いは残った。


●よく売れた商品と、売れなかった商品

今やトレードマークになった、ニードルフェルティングのはりねずみアップリケものは注目度が高かった。手軽に買える値段のトラベルポーチ、iPhoneポーチが売れた。それから送料がかさむといって在庫を減らして用意した布バスケット、iPadケースが早い時期に売り切れた。見込み違いと言い訳するには簡単だが、イギリス人はインテリアものの方を好んで購入する傾向があることは前から知っていたはず。だけどあえてEtsyで順調に売れてる商品ばかりに中心に用意してしまったのは、自分の判断ミスだったと思う。
iPadケースについては、「自分は(iPadを)持ってないけど、どうしてもこれが欲しいから買うっ!本でも入れて持ち歩くわっ!」という人が。iPadに関してだけ即決客が100%だった。Kindleケースの問い合わせも多数受けた。


反対に売れなかったもの。かなり数を用意したのに残念な結果だったのは、リストレット。
それから高額商品のアドヴェントカレンダー。結構興味を示していた人が多くて、売れる寸前にまで話が進んだことは数回。でも結局売れなかった。
理由は別に値段高いからということではなく、単にお客さんが現金の持ち合わせがなかったということだった。欧米で出店する場合はクレジットカード払いは不可欠。これがないとやはり致命的だ。
最近はデビットカードの普及で、小切手も持ち歩く習慣もなくなりつつある。だから現金商売を続けるならば、高額商品を用意しても無駄ということになる。来年もう一度挑戦するなら低額商品の率を増やし、上は25ポンドくらいを上限にした方が良いという教訓を得た。まぁ、一番良いのはCC支払を受けられる体制にしておくことだけど・・・。


その3に続く

1 comment:

  1. 一人だとアクシデントに直面した時に自分だけで解決しなきゃいけないのが心細くて困るよね。緊張というか変な興奮でまったくお腹が空かないこと、私にもありました!ハイな状態なんだろうね。w 客層や傾向がばっちり掴めたようで、次回は更に売り上げ伸ばせそうですね。

    今回もおもしろかった。また早く続きを読みたいよー。

    ReplyDelete